試着チケット無料キャンページ実施中 >>

サイズやデザインで迷ったら
返品送料も無料の試着チケットをご利用ください。
(セール商品で対象と明記されていない商品は対象外です)

→詳しくはこちらのページへ


喪服・礼服

すべての商品一覧

 

喪服のマナーで知っておきたい知識をご紹介!

女性の喪服のマナーは、男性の喪服よりも注意する点が多くあります。喪服は、故人を偲ぶための正装であり、遺族に対しての礼儀です。喪服を即日配送するCARETTE が、喪服のマナーで知っておきたい知識をお伝えします。

喪服(洋装)に格式がある

喪服には、それぞれ格式があります。故人との関係や、葬儀のスタイルなどによって装いを変える必要があります。

最も格式の高いのが正喪服で、次に準喪服、略喪服となっています。遺族や故人と縁が深い方は正喪服と準喪服を着用し、参列者は準喪服を選ぶようにします。黒色は、染具合によってその深さが異なり、光沢がなく漆黒に近いほど格式が高くなります。

喪服ワンピースや喪服アンサンブルでしたら、幅広く使用できるので一着用意しておくと安心です。

喪服を着用する場合のマナー

喪服を着用する場合のマナー

喪服を着用する時は、できるだけ肌の露出を控えるように心がけます。夏のお悔やみでも、長袖や7分袖のものを選ぶようにしましょう。スカートの丈は、膝が出ないものを選びます。膝下10センチメートルくらいの長さでしたら、座った時にも膝が隠れるので安心です。

喪服に合わせるストッキングは、無地の黒のストッキングを選びます。厚手のものだとカジュアルな印象になってしまうので、ご注意ください。忘れがちなのが、バッグや靴の素材です。喪の場面では、光沢のあるものを避けます。輝くような装飾や、エナメルなどの光沢のあるものは使用できません。

傘やハンカチ小物類の色に関するマナー

雨の日に参列する場合、派手にならない黒や寒色系の傘や透明のビニール傘を選び、目立ってしまわないように注意します。また、ハンカチは必ずしも黒でなくてはいけないわけではありませんが、できるだけ控えめな柄や色などを選ぶことをおすすめします。

アンサンブル

喪服アンサンブルや喪服スーツをお求めでしたら、CARETTEをご利用ください。CARETTEは、即日配送ですので、急に喪服アンサンブルや喪服スーツが必要になった際も安心してご利用いただけます。お買上げ商品の合計値段が1,000円(税込)以上の場合は、送料無料となります。

即日配送の喪服アンサンブル

会社名 株式会社TRYVISION
運営統括責任者 伊東聡
住所 〒107-8604 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビルヂング西館10F
電話番号 03-5474-6594
メールアドレス info@tryvision.co.jp
URL https://www.carette-shop.jp/
受付時間 平日〜土曜 AM10:00〜PM17:00
休業日 日曜・祝祭日
事業内容 レディスファッションの企画・製造・販売